初心者の方も必見?ネットショップの配送管理について

ネットショップを始めるときに必要な作業

ネットショップに必要なことは、まずパソコンをインターネットに接続することです。プロバイダーと契約して、ネットショップの公開に必要なレンタルサーバーを利用します。
インターネット上では、ショップのことを知ってもらうために、この店ではどんな商品が買えるかをお客にアピールする必要があります。会計の際には決済方法に、配送方法と梱包方法を確認しなければいけません。
注文を受けたら、振込みやクレジットカード決済など入金の処理を行い、配達伝票の印刷やお客にメールで知らせるなど商品の出荷指示を行います。
自社で在庫を持つと、発注した商品の管理には、受け取る作業の荷受けや入庫の作業が生じてきます。商品を受け取った後、すぐに仕入れで発注した数と合っているか確認して、不良品はないか検品をします。

配送作業や方法、作業後に必要な集計分析

売れた商品の配送作業は、梱包の作業から入ります。箱や梱包材には費用がかかるので、配送業者が無料で提供している梱包袋を利用するのがおすすめです。配送方法は、メール便と宅配便、日本郵便が提供するゆうパックの3つがあります。
メール便は、小さな荷物を全国一律価格で配送できます。商品の受け渡しは、直接ポストに投函されるので、配送時間の指定も受け取りのサインも必要ありません。
一番よく利用されているのは宅配便で、配送途中での紛失・破損にも保険が可能です。高額な商品に利用するのに適しています。
売上を伸ばしていくためには、売れ筋商品や平均客単価、リピート率などの分析が必要です。ネットショップの一元管理のメリットは作業効率の向上ですが、それを誤った場合はデメリットも生じてきます。相談ができる専任のサポーターを持つのもおすすめです。